iOS端末に対してプッシュ通知を配信するには、あらかじめApple Push Notification Service(APNs)との連携設定を行っておく必要があります。
ここでは、APNsとの連携設定の方法について解説します。

APNs証明書を取得する

※APNsを使用するには、Apple社が提供する「iOS Developer Program(有料)」への登録が必要です。

Apple DeveloperサイトのMember Centerへログインし、Member Centerトップより「Certificates, Identifiers & Profiles」をクリックしてください。

アプリ(AppID)を登録する

プッシュ通知を受信するアプリを登録していない場合は、先にアプリ登録を行います。

「Certificates, Identifiers & Profiles」の「iOS Apps」項目内にある「Identifiers」をクリックしてください。

「iOS App IDs」の「+」をクリックします。

アプリ登録画面が表示されます。

「Name」にはアプリの名前を入力し、「App ID Prefix」では「Explicit App ID」を選択します。

「Bundle ID」は、Xcodeでアプリのプロジェクトを開き、設定画面より確認できます(下図を参照)。

「App Service」では、アプリで利用をサービスにチェックを入れます。
プッシュ通知配信を利用する場合は、「Push Notification」にチェックを入れてください。

アプリ情報の入力が終わったら、画面最下部の「Continue」をクリックし、確認画面に進んでください。
確認画面が表示されますので、内容に間違いがなければ「Submit」をクリックし、アプリ登録を完了してください。

証明書を取得する

「Certificates, Identifiers & Profiles」より、「Certificates」>「All」をクリックしてください。
「iOS Certificates」の「+」をクリックし、証明書の作成画面を開いてください。

以下どちらか一方を選択し、画面最下部の「Continue」をクリックしてください。

  • テスト環境(開発版)でプッシュ通知を配信する場合は、「Apple Push Notification service SSL (Sandbox)」を選択
  • 本番環境(製品版)でプッシュ通知を配信する場合は、「Apple Push Notification service SSL (Production)」を選択

続いて、アプリ(AppID)の選択画面が表示されます。
プッシュ通知を受信したいアプリを選択し、「Continue」をクリックしてください。

続いて、CSRの生成方法の説明画面が表示されます。
CSRの生成は、お使いのMacOSのキーチェーンアクセス(アプリケーション > ユーティリティ > キーチェーンアクセス)より行います。

キーチェーンアクセスのメニューより、「証明書アシスタント」を選択し「認証局に証明書を要求」をクリックしてください。

証明書情報の入力画面が表示されます。
「ユーザーのメールアドレス」には、iOS Developer Programに登録されているメールアドレスを入力します。
「通称」に適当な名前を入力し、「ディスクに保存」を選択してください。
最後に「続ける」をクリックし、証明書を適当な場所に保管してください。

CSRの生成方法説明画面に戻り、「Continue」をクリックしてください。
証明書のアップロード画面が表示されますので、先ほど保存したCSRファイルを選択し、「Continue」をクリックしてください。

証明書の生成に成功すると、以下のような画面が表示されます。
「Download」をクリックし、証明書をローカルに保存してください。

ローカルに保存した証明書をダブルクリックし、キーチェーンアクセスに証明書を登録します。

キーチェーンアクセスにて、取得した証明書が登録されているか確認してください。
また、証明書の下三角をクリックし、下層に秘密鍵(通称表示)があるかを確認してください。

証明書を右クリックし、「(証明書名)を書き出す」をクリックしてください。

フォーマットが「個人情報交換(.p12)」になっていることを確認し、適当な場所に証明書を書き出してください。
※パスワードの設定画面が開きますが、設定せず(空白のまま)「OK」をクリックしてください。

以上で、APNs側の準備は完了です。続いてECHOの管理画面より、APNsとの連携設定を行います。

プッシュ通知配信設定(ECHO管理画面)

メインメニューよりメンバーインスタンス(ここでは「会員情報」)を選択し、サブメニューより「設定」をクリックしてください。

続いて、「プッシュ通知配信設定」をクリックしてください。

プッシュ通知配信設定画面が開きます。

「iOSプッシュ通知設定」項目内の「APNs証明書(p12)」に、先ほど書きだした証明書を設定します。
「環境」は、設定した証明書に合わせて、本番かテストのどちらか一方を選択してください。

最後に「保存」をクリックし、連携設定は完了です。