ページテンプレートには、サイドビューから提供されるWebサイトのページデザインを定義します。
オリジナルデザインのWebサイトを実現するには、ページテンプレートをカスタマイズする必要があります。

ページテンプレートの概要

ECHOのページテンプレートは、機能別に異なるページデザインを最小限のテンプレートで表現できるよう、レイヤー構造を採用しています。
ページ全体を抽象度に応じてBase/Middle/Contentsの3つのレイヤーに、テンプレートを分離保管します。

Base Layer ヘッダーやフッターなどを含めたページデザインの大枠を定義します。
(すべてのプラグインで共用)
Middle Layer カラムのデザインを定義します。
(すべてのプラグインで共用)
Contents Layer コンテンツ部分のデザインを定義します。
プラグインリソース別に定義)

ページテンプレートの管理方法は、以下をご参照ください。

ページデザインパターン

各レイヤーに分離保管されているページテンプレートを組み合わせて1枚のページデザインとして使用するには、ページデザインパターンを生成します。
ページデザインパターンは、インスタンスリソース別に定義することができ、機能別に異なるページデザインを適用することが可能です。

例えば、コーナーによってカラム数を切り替えたい場合、異なるカラム数を持ったデザインパターンを複数定義しておき、コーナーによって使用するデザインパターンを切り替えることで実現できます。
下図では、通常の個別ページでは2カラムデザイン、ブログコーナーでは3カラムデザインを適用する場合のデザインパターンの定義を示しています。

ページデザインパターンの管理方法は、以下をご参照ください。