ノンプログラミングWeb開発フレームワーク

ECHOのWeb開発フレームワークを利用すれば、Webサイトやアプリのベースを管理画面上からノンプログラミングで構築することができます。

「ニュースサイト」や「ECサイト」といった一般的なWebサイトはもちろんのこと、「顧客管理システム」や「販売管理システム」といった社内データベースなど、多様なニーズに対して柔軟かつスピーディーに対応することが可能です。

多彩なプラグインを組み合わせて、あらゆるニーズに対応

ECHOには、様々なWeb機能を実現するための汎用性の高いプラグインがプリインストールされています。
これらプラグインを管理画面上で自在に組み合わせ、Webサイトやアプリのベースとなるロジックをノンプログラミングで構築できます。

サイトマップ

ページをツリー状に蓄積し、サイトマップを構成するプラグインです。 基本的なWebサイトを構築するのに使用します。

» ドキュメント

ブログ

ニュースや新着情報といった日々追加される記事データを蓄積できるプラグインです。新着順に記事を表示したり、絞り込み検索といった機能を提供します。

» ドキュメント

データベース

商品情報などの時系列とは無関係なレコードデータを蓄積できるプラグインです。様々な切り口でレコードを検索・抽出することができます。

» ドキュメント

メールフォーム

訪問者からの問い合わせなどを受け付けるメールフォームを提供するプラグインです。

» ドキュメント

メンバー

会員の登録・管理、ログイン機能を提供するプラグインです。データへのアクセスをメンバー毎に制限できるアクセスコントロール(ACL)機能も含まれています。

» ドキュメント

EC

ショッピングカートと在庫・注文情報の管理機能を提供するプラグインです。 商品情報の蓄積と表現は、データベースプラグインが担当します。

» ドキュメント

ブラウザ向けのWebサイトは自動生成

プラグインを組み合わせが完了すると、ブラウザ向けのWebサイトが自動的に生成されます。
あとはテンプレートをカスタマイズするだけで、完全オリジナルデザインのWebサイトが簡単に実現できます。

データ構造を自由にカスタマイズ

各プラグインが持つデータ構造を、目的に合わせて自由にカスタマイズすることができます。
例えば、データベースプラグインでは保管するデータの構造を、メールフォームプラグインではフォームの入力項目を、それぞれ管理画面上で定義することができます。

インスタンスフィールド例:メールフォームプラグインから生成された「お問い合わせフォーム」と「資料請求フォーム」で、異なるフォーム項目を定義