バージョンアップ実施(Version 1.5.8)

ECHO1.5.8がリリースされました。
変更点は、インスタンスフィールドの機能強化と細かいバグフィックスとなります。

インスタンスフィールドの機能強化

データの配列化に対応

全ての型でデータの配列化に対応しました。
これにより単一フィールドに複数個のデータを格納できるようになります。

またこの変更に併せて、SDKのバージョンアップも併せて実施されました。

都道府県データのバリデーションを追加

都道府県データのバリデーションが実装され、新たにAPIエラー「150120: Invalid pref format」が追加されました。

セレクタ指定の仕様変更

「テキストエリア」「選択ボックス」において、セレクタ(class)指定が可能になりました。
また、これまで「テキストボックス」で指定できたIDセレクタは、無効化されました。