蓄積されているレコードデータをCSV形式のファイルへエクスポート、あるいはCSV形式のファイルからレコードデータをインポートする方法について解説します。

CSVファイルへエクスポート

エクスポートは、レコード一覧画面から行います。

レコード一覧画面において、CSVファイルへエクスポートしたいレコードにチェックを入れてください。

チェックを入れたら、レコード一覧画面下部にある一括処理選択ボックスより「CSVエクスポート」を選択し、「一括処理」をクリックしてください。

確認画面が表示されます。エクスポートを実行するには、「OK」をクリックしてください。
エクスポート処理が完了すると、CSVファイルのダウンロードが始まります。

CSVファイルからインポート

メインメニューより、レコードをインポートしたいデータベースインスタンス(図の例では「商品情報」)を選択し、サブメニューの「インポート」をクリックしてください。

インポート画面が表示されます。

 CSVファイル インポートするCSVファイルを、ローカルから選択してください。
 既に存在するIDは上書き サーバー上にレコードIDが重複するレコードが存在する場合に、CSVファイルの内容で上書きするには、チェックを入れてください。
存在しないカテゴリを新規作成 CSVファイル内に存在しないカテゴリ名が指定されている場合に、新しいカテゴリを作成するには、チェックを入れてください。
 文字コード CSVファイルの文字コードを選択してください。

最後に「インポート実行」をクリックすると、インポート処理が実行されます。