ECHOを用いてWebサイトやアプリを構築するには、基礎となるフレームワークの構成要素について理解する必要があります。
ここでは、特に重要となるいくつかの用語を解説します。

プラグイン

ECHOには、様々なWeb機能を実現するための汎用性の高いプラグインがプリインストールされています。

サイトマップ

ページをツリー状に蓄積し、サイトマップを構成するプラグインです。 基本的なWebサイトを構築するのに使用します。

» ドキュメント

ブログ

ニュースや新着情報といった日々追加される記事データを蓄積できるプラグインです。新着順に記事を表示したり、絞り込み検索といった機能を提供します。

» ドキュメント

データベース

商品情報などの時系列とは無関係なレコードデータを蓄積できるプラグインです。様々な切り口でレコードを検索・抽出することができます。

» ドキュメント

メールフォーム

訪問者からの問い合わせなどを受け付けるメールフォームを提供するプラグインです。

» ドキュメント

メンバー

会員の登録・管理、ログイン機能を提供するプラグインです。データへのアクセスをメンバー毎に制限できるアクセスコントロール(ACL)機能も含まれています。

» ドキュメント

EC

ショッピングカートと在庫・注文情報の管理機能を提供するプラグインです。 商品情報の蓄積と表現は、データベースプラグインが担当します。

» ドキュメント

インスタンス

前述のプラグインは、機能のみが定義された雛形のようなものであり、そのままの状態で使用することはできません。
実際にサイトアカウント内で使用するには、インスタンス(実体)を生成する必要があります。

ECHOでは、目的のWebサイトやアプリを実現するのに必要なだけのインスタンスを生成、自在に組み合わせて構築作業を進めていきます。

下図のように、同じプラグインから複数のインスタンスを生成することもでき、ブログやメールフォームの複数設置といったことも簡単に実現することができます。

インスタンス化
複数のブログを設置する場合:ブログプラグインから「新着情報インスタンス」と「イベント情報インスタンス」の2つのインスタンスを生成

このように、汎用性の高いプラグインの機能を、目的に合わせて何度でも再利用できる仕組みになっています。

インスタンスフィールド

インスタンスが受け付けるデータの構造を定義したものをインスタンスフィールドと呼びます。
インスタンスフィールドは管理画面から自由にカスタマイズが可能であり、インスタンスを用途に応じたデータ構造に対応させることができます。

インスタンスフィールド
メールフォームプラグインから生成した「お問い合わせフォームインスタンス」と「資料請求フォームインスタンス」で、異なるフォーム項目を定義

インターフェース

ECHOでは、「サイトビュー」と「REST API」の2種類のインターフェースを提供しています。

2種類のインターフェース

サイトビューは、ブラウザ向けのWebサイトを提供するインターフェースです。
インスタンスの機能(リソース)を、ページテンプレートを介して表現します。

REST APIは、独自のロジックを持ったネイティブアプリケーション向けに、インスタンスが持つ機能への直接アクセスを可能にするインターフェースです。

ECHOでは、これら2種類のインターフェースを提供することで、ブラウザ向けWebサイトとデバイス専用ネイティブアプリを同じプラットフォーム上で同時に実現することが可能になっています。

ウィジェット・ダッシュボード

ウィジェットは、サイトビューから提供されるWebサイト構築に便利な小さなアプリケーションで、コンテンツやテンプレートといった任意の箇所へ自由に挿入することができます。

「ナビゲーションメニュー」「パンくずリスト」「メールフォーム」「検索ボックス」など、プラグインによって様々なウィジェットが提供されています。

ダッシュボードは、複数のウィジェットをひとまとめにして表示するための機能です。
ダッシュボードもウィジェットと同様、Webサイトの任意の箇所へ挿入することができます。