ECプラグインの機能をアカウント内で使用できるようにするには、まず初めにインスタンスを生成します。

インスタンス生成画面を開く

メインメニューの「インスタンス」をクリックし、インスタンス管理画面を開いてください。

続いて、インスタンス管理画面上部にあるをクリックし、インスタンス生成ダイアログを開きます。
プラグインが一覧表示されます。

メールフォームインスタンスを生成する

メールフォームプラグインからインスタンスを生成するには、プラグイン一覧の中から「メンバー」をクリックしてください。

インスタンスの初期設定画面が開きます。設定項目は以下の通りです。

インスタンス名 インスタンスに設定する名前を入力してください。
インスタンスID インスタンスに設定するIDを入力してください。
インスタンスの機能へアクセスする際のURLとしても使用されます。
 所属ページ 生成するインスタンスを所属させるページを、サイトマップから選択してください。
選択したページの直下に、ログインページへのインスタンスリンクが追加されます。
 商品データベース 商品情報の蓄積と表現は、データベースプラグインが担当します。
商品データベースとして使用するデータベースインスタンスを選択してください。

新しいデータベースインスタンスを追加する場合は、をクリックしてください。
データベースインスタンスの生成画面が開きます。
メインメニューに表示 「表示する」を選択すると、管理画面のメインメニューにインスタンス管理機能へのリンクが設置されます。
「表示しない」を選択した場合は、インスタンス管理画面からのみリンクされます。

最後に「生成」をクリックすると、インスタンスが生成されます。